東京フラクタル

忠犬ハッチの毒出しブログ

トラウマからみえてくる人生のヒント

心理学を学んでいる。
心理学と一口に言っても玉石混淆で
話のネタに中身を語ろうとすると
65%の割合で怪しげな目で見られて
食いついてくる人にはやはり変人が多い。
「あなたの潜在意識を読み解きます」と言っても気味悪がられるだけで
今のところ何のプラスにもなっていないので
忍術同様、公にはしていない。

全てを学ぼうとすると費用も決して安くはない。
その上「あいつは変な新興宗教にはまった」などと噂されたらたまったものではない。
スピリチュアル女子と同一視されるのも迷惑な話である。
だから周りの人には一切口外しないと決めている。

そこには弁護士や開業医といった信用第一の人たちが学びにやってくる。
会ったことはないが精神科医やタレントもお忍びで来るらしい。
しかしながらまだまだ知名度は低く
お金を持て余したマダムの趣味の域を出ておらず
効果が高いにも関わらず、サイトが致命的にダサすぎて
人に紹介する気になれないのが非常に残念な点である。

 

以下は先日行った受講生同士のカウンセリング例。

 

ケース1 40代男性
現在の問題:どもってしまう。人とうまく喋れない
感情:寂しさ、情けなさ
キーワード:見下された

幼少期の記憶
4歳の頃、幼稚園のお遊戯会でステージの上で踊っている。
周りを見渡したら自分だけ衣装が違うことに気づきカーテンの隅で隠れながら踊った。
観客から笑われて辱めを受けているような気がした。
人と違う衣装を着せて恥ずかしい思いをさせたお母さんを恨みに思っている。

その体験から得たもの
・周りと同じであることへの強烈な欲求

 

勘違い
自分は他の人と違う衣装を着てとても恥ずかしいと思っていたけれど
どうやらそこまで気にすることではなかったらしい。
観客からバカにされたと思っていたが、もちろん大人が4歳児をバカにするはずなどない。
お母さんは子供のハレの日のために自分にいい衣装を着せてくれていた。

気づいたこと
・向上心がある。いいパフォーマンスをしたいと思っている
(ハレの舞台でちゃんと踊れなかった悔しさを忘れることができなかったことから)
・特別意識がある
・人と違うことは悪いことだと思っていたけれど良いことで目立つのならば悪いことではない
・みんなと違うことを悪だと思わず、個性と捉えよう
・注目を浴びることに快感を覚える人もいるはず
・カーテンに隠れてコソコソするのではなく、トップに躍り出て注目を集めよう
・与えられた機会をチャンスと捉えず、無駄にしてしまう傾向

 

対処法
ステージ上で思いっきり踊って輝いている4歳の自分をイメージしよう。
すると、人と話す時も自信をもって話せるはず。

 

 

ケース2 20代女性
現在の問題:人に頼ることが苦手
感情:あきらめ。どうせ言っても無駄なんでしょ?
キーワード:認めてもらえない

幼少期の記憶
4歳頃、近所のスーパーに母と買い物に来ている。
お菓子(おもちゃのネックレスがついている)が欲しくて
お菓子売り場の前で物欲しそうにその商品を見ている。
お母さんが気づいて買ってくれないかと密かに期待しているが
結局買ってもらえずに終わる。

その体験から得たもの
・我慢、忍耐。自制の心

 

勘違い
そもそも相手に伝えるべきこと(ここでは買って欲しいという欲求)を伝えていない。
相手(お母さん)は何も言わなくても私の気持ちを察するべきだと思っている。
実は以前にも買ってもらったことがある品物なので
またねだるとダメと言われるような気がしている。
ダメという言葉が自分を全否定されているような気がして
それを恐れて言いたいことが言えない。
 

気づいたこと
・依頼心が強く、受け身
・何もしなくても欲しいものは与えてもらえるものだと思っている
・欲張りなのに消極的。欲望が強いわりにエネルギーを出そうとしない
・人に頭をさげるのが嫌
・どうせダメだと挑戦する前に諦める
・いい人を演じる(いい子でいなければならないという脅迫観念)
・相手に欲求を伝えてそれを否定されると、
自分の存在を全否定されたかのように大げさに捉えてしまう。
転じて相手の悪いところを一つ見つけると、相手に失望して全否定しようとしてしまう傾向。
→相手に対する期待値が高い
・相手の言動を先回りして予測する→取り越し苦労が多い

 

対処法
欲しいものがあったら欲しいときちんと伝えよう。
そのときに相手がダメだと言ったとしても相手はあなたを全否定しているわけではない。
人に動いてもらうのを待つのではなく自分で行動して欲しいもの(結果)を手に入れよう。
お母さんの手伝いをしてお金を稼いで欲しいものを買っている4歳の自分を想像する。
そうすると自分の能力も上がり、欲しいものも手に入る。

 

 

自分がトラウマだと思っていることは実は全然トラウマではないかも。

トラウマを否定するアドラー心理学に似ていると思ったら
アドラー心理学の要素が全体の20%ほど取り入れられているらしいので
アドラーが好きな人には向いている。

自分で人生を切り拓いていきたい方にオススメ。
今悩んでいる人も、人生はいつでもやり直せるし
捨てたもんじゃないよって声を大にして言いたい。
まあそんなだから新興宗教だとか思われちゃうんですけどね。

 

 

 

youtu.be